2015-09-15

気候もだいぶ落ち着きましたし体調も落ち着きました。
アマリリスが頑張って咲いてます。

19日のコンサートまで あと4日になりました。
昔かわいかった皆さんが成長して、それぞれの音楽のお話を聞かせてくれるので...
この音楽会は楽しいそうです(笑)

頑張りましょう!

当日券もありますのでぜひ来てくださいね。

室井 摩耶子

4 件のコメント:

  1. 川口勝二9/26/2015

    はじめてお便りいたします。昨日これから通うことになる病院を訪ねた際、成城学園前を多磨急行ですぎて、ここにお住まいなのだなあと初めて通りかねがねご著作やブログ、動画などでただただもうすごいなあと思っておりましたので書き込みをしてみようと思いました。先月まで90歳の母と二人暮らしでしたが、自宅での介護が無理になり母はいま施設におります。週三回会いに行っていますが急に一人になるとなかなかもっとしてあげられなかったことに自責にかられます。50年以上聴いてもらってきたピアノももうきかせられないのかなと改めて思います。細々と高校の音楽教師をしながら演奏もしてきましたが、何年か前にかかった病気の治療薬の重い副作用が手に出てきて薬指がうまく動かすことが出来なくなり、今しがたもトルコ行進曲のトリオの部分が指がからまるは4はもつれ、涙ものでお稽古してきましたが以前のように弾けません。仕方なく薬指を使わないに等しい反則の指使いも試みていますが、いかにせんおかしなものになってしまいます。ほかにも障害が出ていますが、いつ治るかわかりませんが諦めたら最後と苦戦しています。ご本を読ませていただいて人生の先達としていただく言葉がたくさんございます。いつも傍においては繰り返し味読させていただいております。叶うことではないと承知しておりますが56歳の初心者の手になった(おじさん)のピアノを聴いて頂けることが出来たらばどんなに素敵なことだろうと帰りの小田急線からまた成城学園前を通り過ぎて片道三時間の帰路につきました。来年のハイドンの音楽会を楽しみに=ようやく外に出かけられるようになりましたので=しております。急に朝晩冷えて参りましたのでご自愛くださいませ。乱文にて失礼いたしました。川口 勝二。

    返信削除
    返信
    1. 川口勝二さんへ
      コメントありがとうございました。
      お体の調子がお悪いようで大変ですね。本当に体が云うことをきかないと自分ながら腹が立ちますね。
      でもモーツァルトは怒らないですよ。「いいよ いいよ それでいいよ」と言うでしょう。
      御自愛の程、お祈り申し上げております。
      ハイドンの音楽会には嬉しいハイドンでお目にかかれますように、今 一生懸命ハイドンと会話をしております。
      56歳は若い!若い!

      室井 摩耶子

      削除
    2. 川口勝二さん、メールでお返事ありがとうございました。
      Haydnの音楽会まで2か月になりました。52番のソナタはなかなか大変で、特に2楽章のアダジオはその驚くほどのゆっくりなテンポで、1節1節に大変な感情が盛り込まれています。ピアノからあふれ出してしまいそう…

      なお余計なことですが私の名前はピアニストなので麻の下に手が付きます。
      室井摩耶子

      削除
  2. 川口勝二10/25/2015

    室井摩耶子先生” パソコンの変換で間違っているのに全く気付かず失礼いたしました。
    お名前の中に手が入っていることはとても素敵ですね!
    ハイドンの大曲でどのような物語をおきかせいただけるか、今からとても楽しみです。
    今年も二つきあまり。毎日を大切にしなければと挑戦しています。
    このところはトルコ行進曲付きソナタにかかりっきりです。気付きましたがMozartのソナタでは一番大きな大曲ですから大変で当然でした。
    ピアノを弾いていないときに曲を心の中で鳴らしてみますと、音が何をお話ししたがっているのか気付くことがあります。
    今日は失敗せずご返信できれば幸いです。   川口勝二

    返信削除