2019-12-01

10月12日のはずだった長野県川上村への演奏旅行が台風のために1ヵ月延期になり、漸く11月16日に行ってまいりました。成城から車で永遠と4時間かけて行ったわけですが、途中から山々が迫ってきて空が広くなり空気が澄んできて、辺りは畑ばかりで気持ちが澄んでくる(本当に気持ち良い道中でした)何しろ川上村の藤村村長さんが村の文化の復興のためにと100年前のドイツ製スタインウェイのグランドピアノを買い求めたというお話に、私自身が大感激しての音楽会でしたから、そこで村の人達のためにそのピアノを弾くというのは嬉しいことでした。
川上村に着きますと村長さんが文化センターの入り口で迎えてくださり、そのピアノのために作られた(!?)文化センターのホールに鎮座している美しい木彫りの模様に飾られた素敵なピアノの前に案内してくださいました。何しろ100年前のピアノというのでどんな響きがするかしら、メカニックは万全に働いているかしらと心配していましたが、さすがに世界に冠たるスタインウェイでいい響きをまだ持ってました。ピアニストというのはピアノの響きに耳を傾けながら作曲家たちの音楽の言葉を語り続けているものですが、演奏しながら聴衆の方たちの歓び、音楽への感動と一緒になって音の詩の歓びを感じているのです。私はこの聴衆の方たちの音楽に深く感動し伸びる歓びを感じてくださっていることに一緒になって私もとても嬉しい思いにとらわれたのでした。私が生命を音楽にささげた音楽家であること、そして歓びをプレゼントすることができるという幸福を心から味わったのでした。
室井 摩耶子

2019-11-02

このところ作曲家の世界にちょっと凝っています。
 Haydnで、どのところでBeethovenが彼の"天才ぶり"を発見し、彼に傾倒したかについてはもう書きましたが、それに従って作曲家たちの一人一人の世界に強く掘り下げていくのが癖になり(というより そうしなければ新しい発見はできないと思いはじめ)今 Mozartの世界に掘り下げを始めました。そうしたら彼の世界に ただ ”きれい” だけでなく深い色々の味わいが出てきて「え?」「こんなに?」という発見に「なるほど!成程!」という驚きの”刻”の連続です。
この次のお話から少しづつ その歓びのお話をお届けすることができるでしょう。

 11月16日のトークコンサートが目の前に迫ってきました。
ドキドキです。

 室井 摩耶子

2019-10-28

お知らせ

緑と源流の地の音楽会

室井摩耶子のトークコンサート

ふれあいトーク ピアノは物語る


日 時
2019年11月16日(土)
開場 12:50 開演 13:20


会 場
長野県南佐久郡川上村
川上村文化センター
からまつ広場


主催 NPO法人 佐久生活文化推進機構
協賛 川上村・川上村教育委員会
​後援 長野県・長野県教育委員会


お申込み・お問い合わせ






2019-09-28

長野県川上村に何と100年前に作られたスタインウェイ(!!)のグランドピアノが鎮座してます。村長さん(藤原忠彦氏)が二十数年前 村の文化のためにこのピアノを買うということを決心したというお話が私の心を揺さぶったのだった。
しかも世界に冠たるスタインウェイのピアノ!
当時の村の予算から絞り出すのは容易なことではなかっただろう。
このグランドピアノを囲んでのお話を聞いたとき私は何か嬉しくて「行きます!行きます!」と即答したのだった。
今日 日本ではクラシック音楽というと何か高尚なものと敬遠される雰囲気になっている。
このような良い景色のもとで少人数のホームコンサートの雰囲気では「音楽とは音で書いた詩であり、小節であり、戯曲である」が人を歓びの渦に引き込めるものと大いに楽しみにしています。
遠いけれどよろしければいらしてください。
室井 摩耶子