2013-04-13

いつの間にか4月半ばになってしまいました。
その間 私の本が2冊出版されました。

○ 「明日をもっと素敵にする心の持ち方」マガジン・ハウス
ブログの更新をサボっていた間にコメントを下さった方々ありがとうございました。(もう読んで頂けましたか?)

○「わがままだっていいじゃない」小学館

私が話をしましたことをライターの方が書いてくださったのですが さすが専門家の方々。とても良くまとめてくださって感謝しています。

庭ではドイツアイリスが花を咲かせ、シンビジウムは太太とした花芽が背伸びをし、百合が〝もうじき我が世の春〟と力強い枝を空に差しのべています。でも空気はまだ冷たくて人間にはなかなか初夏の心地よさを持ってきてはくれません。

私はようやく体調もよくなり、ピアノとの会話を楽しめる
ようになりました。あと4日程で92歳になりますが 長寿の現役ピアニストというので この所 テレビや何かで取材に追われています。長寿はご先祖様が私に与えてくださったもので そのためには何も努力をしていない私としては感謝のみです。だって今まで ピアノが弾けて そのためにこれだけのエネルギーを注ぎ込むことができ 発見をしながら音楽の真髄に迫ることを許されているんですもの。
本当に神様からの頂き物としか言えません。

パソコンの置いてある部屋の窓からモッコウバラが花の壁のように咲いています。
ピアノもこの花のように咲き乱れてくれたら良いと思います。

室井摩耶子

7 件のコメント:

  1. 室井摩耶子先生、はじめておじゃまします。
    書店でいっぺんに気にいって本を購入、また友人にもプレゼントしました。
    人生が明るく開かれていくような感じがします。
    ブログは昨夜知りました。
    これからどうぞよろしくお願い申し上げます。
    そしてyoutubeで「月光」を拝聴しました。
    素晴らしいです。
    東京の会に出席したかったのですが、もう申込みは終わっていますので残念。
    先生のピアノは最高です。

    返信削除
  2. 本「わがままだって、いいじゃない。」を読ませて頂きました。
    室井さんの書き方が好きです。
    テンポのいい流れと書き方、そして時々自分でツッコミを入れるチャーミングさに魅了されました。 大人の女性と少女のような心をお持ちの方なのだろうなと想像しながら、室井さんの人生の一部を読み進めていった時間は、室井さんのいう本当に素敵な音楽を最後まで聞き入ってしまう感覚と似ているのでしょうか。 私にとって、音楽のような心地のいい本です。
    いつか、私もこんな素敵な本を書いてみたい、そうして書けるような人生を送りたいと思わせて頂きました。
    入院中の私に、この本をプレゼントしてくれたのは、親友です。
    何時か、室井さんの音楽をこの耳で同じ空間で聞きたいです。
    素敵な考え方を共有して下さって有難うございます。

    平坂 友理子

    返信削除
  3. 匿名4/22/2013

    室井 摩耶子先生こんにちわ。
    今日「わがままだって、いいじゃない」を
    読みました。ピアノは好きでとくに聞くことが
    大すきです。最近バイエルから始めた
    ばかりなので読んでいて元気がでました。
    私も毎日が発見という気持ちで生きて行きたいです。ピアノは弾くことはまだまだ
    初心者だけど頑張ります。

    返信削除
  4. Bella さんヘ
    小学館の出版記念会はピアノの演奏が入って結構盛り上がりました。
    いらっしゃれなくて残念でした。
    音楽会は現場で聴くのが一番ですから次の音楽会には是非いらしてくださいね。
    今後ともよろしく!

    室井 摩耶子

    返信削除
  5. 平坂友理子
    コメントありがとうございました。
    御入院中とのこと、お大事になさってください。
    本を気に入ってくださって嬉しく思いました。
    今年 続けて2冊出たわけですが お読みになった方たちから「力を得た」などのお便りを頂き、かえって私の方が天にも昇らんばかりの歓びを頂いております。

    室井 摩耶子

    返信削除
  6. 匿名さん へ
    ピアノをお始めとのこと。頑張って下さいね!
    私はある音楽会で「エリーゼのために」を弾きました。あれは優しいしとても良い曲ですから かじってご覧になることをお勧めします。

    室井 摩耶子

    返信削除
  7. 初めまして!
    お元気ですか?先日徹子の部屋で紹介されていた「わがままだって、いいじゃない。」楽しく読ませていただきました。
    私は退職後に学生時代に熱中したヴァイオリンを再開、よーし長生きして音楽を楽しむゾーと元気が湧いてきました。
    ご本の中にブログにコメントが来ないって仰っていたので、来てみました、また楽しい記事を読ませてください。

    返信削除